トップページへ戻る トップページへ戻る

ご注意とお願い

【重要】インターネットバンキング不正利用・不正送金に関する対策のお願い
(2018年7月6日)

 平素より、<ろうきんダイレクト>をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 近年、インターネットバンキングにおける不正利用・不正送金被害が全国の金融機関で発生しています。
 <ろうきんダイレクト>では、複数のセキュリティ対策を講じておりますが、犯罪手口は日々巧妙化しており、お客様におかれましても、不正利用・不正送金の防止および被害軽減のため、改めて以下の対策を実施いただきますようお願いいたします。

1. 基本ソフト(OS)やウェブブラウザ等は推奨環境をご参照のうえ、最新の状態に更新してください。

2. ウイルス対策ソフトをご利用ください。
 ウイルス対策ソフトを導入し、最新の状態に更新してください。労働金庫では無償でウイルス対策ソフト「SaAT Netizen」を提供しておりますので、<ろうきんダイレクト>のログインページよりダウンロードのうえ、ご利用ください。また、定期的にウイルスチェックを行い、不正なプログラムやウイルスが検出されないことを確認してください。

3. パスワード等の管理には十分ご注意ください。
 ご契約番号、第二暗証番号、各パスワード、追加認証(合言葉)をメモ等の紙に残したり、ご利用端末内(パソコン、スマートフォン等)に保存したりしないようにしてください。また、ご契約番号等は決して第三者に知らせないでください。労金職員、警察官などが、店舗外や電話などでお尋ねすることはありません。

4. ワンタイムパスワードをご利用ください。
 ワンタイムパスワードは、パスワードの盗難による不正送金被害の防止に役立ちますので、労働金庫ではワンタイムパスワードのご利用をお勧めしています。より安全性の高いワンタイムパスワードをぜひご活用ください。

5.パスワード等のお客様の重要情報が記録に残ってしまう恐れがありますので、不特定多数の方が使用するパソコンではインターネットバンキングを利用しないでください。

6.ウイルス感染やお客様の情報(ご契約番号、第二暗証番号、各パスワード、追加認証(合言葉))を盗み取ろうとする不審なメールが、不特定多数のお客様に送信されています。

● 不審なメールが届いた場合、直ちに削除してください。
● 不審なメールの添付ファイルは絶対に開封しないでください。
● 不審なメールに記載されているリンクを絶対にクリックしないでください。
● 不審なメールへの返信は絶対にしないでください。

7.偽画面やポップアップ画面(通常画面の上に出てくる画面)等から個人情報を盗み取ろうとするウイルスが確認されています。次のような画面が表示された場合は、パスワード等の情報を絶対に入力せず、直ちに取引を中止し、<ろうきんダイレクトヘルプデスク>までご連絡ください。

● ログイン直後に「ダウンロード中」「読み込み中」等の表示が出て、その後に表示されるパスワードを入力させるような画面。
● 第二暗証番号の10桁について同時に入力を求める画面またはエラー表示に見せかけて2パターン以上のランダム入力をさせる画面。
● 登録済みの追加認証(合言葉)について複数同時に入力を求める画面。
● ログイン時またはログイン直後に自動的にポップアップ画面を表示し、情報を入力させるような画面。
● 当金庫が提供していないウイルス対策ソフトのダウンロードを促す画面。

8. 正しいメールアドレスの登録、通知メールの確認をお願いします。
 振込振替等の取引や取引限度額等の登録情報の変更の際には、確認の通知メールをお客様が登録されたメールアドレスに送信しております。すぐに通知メールが確認できる携帯電話、スマートフォンなどのメールアドレスを登録してください。

9.ご利用後は必ずログアウトしてください。

10.「ソフトウェアキーボード」のご利用をお勧めします。
 ソフトウェアキーボードは、パスワード等のお客様情報をパソコンのキーボードから直接入力しないため、キーボード入力した情報を不正に読み取るウイルスに対して有効です。キーボードからの入力も可能ですが、安心してお取引いただくために、「ソフトウェアキーボード」のご利用をお勧めします。

11.振込限度額は、万一不正利用が発生した場合の被害を抑えるため、必要最低限の金額に設定することをお勧めします。

12.不審なログインや身に覚えのない取引がないか定期的にご確認ください。
 万一、身に覚えのない履歴があった場合には、速やかに<ろうきんダイレクトヘルプデスク>までご連絡ください。

13.ファイル交換ソフトを悪用してお客様の各パスワード等を盗み取るという事例が発生しています。インターネットバンキングを利用するパソコンでは、ファイル共有ソフトを利用しないでください。

以上

▲過去の記事メニューにもどる | ▲上にもどる