トップページへ戻る トップページへ戻る

お知らせ

【重要】インターネットバンキング Internet Explorer(IE)の脆弱性について(セキュリティパッチ適用のお願い)
(2014年5月2日)

2014年4月28日にMicrosoft社よりInternet Explorer(以下、「IE」といいます。)における危険性の高い脆弱性情報が公表されており、不正なサイトを介し、お客様のパソコンがウィルスに感染する可能性がございます。
本日Microsoft社よりIE脆弱性を解消するセキュリティ更新プログラム(以下「セキュリティパッチ」といいます。)が公開されましたので、お客様におかれましては、必ずセキュリティパッチを適用のうえで、インターネットバンキングをご利用いただきますようお願い申しあげます。
このセキュリティパッチは、Microsoft社ホームページまたは「Windows Update」より入手いただけます。自動更新の設定となっている場合でも、一旦、「Windows Update」を手動で行い、お客様のパソコン内の他のWindows関連製品の更新状況とあわせてご確認ください。
なお、本件はIEの脆弱性に関するものであり、労働金庫のインターネットバンキングサービスのシステムには問題ございません。
1.Microsoft社ホームページよりセキュリティパッチをダウンロードする方法
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms14-021へアクセスし、お客様がご利用中のIEバージョンおよびOSから、セキュリティパッチをダウンロードして実行してください。(詳細は別紙の「方法①」をご参照ください)
2.Windows Updateを利用する方法
「インターネットおよびローカルイントラネット セキュリティゾーンの設定を「中高」にする」を設定いただいたうえ、Windows Updateを実行してください。(詳細は別紙の「方法②」をご参照ください。)

お客様へのお願い
  • 不審なサイト・信頼性が不明なサイトの閲覧、および不審なメールの開封は絶対しないでください。
  • セキュリティソフトを必ず導入し、常に最新版にアップデートしてください。
    なお、労働金庫では無償でウィルス対策ソフト「SaAT Netizen」をご提供していますので、当金庫のインターネットバンキングのホームページよりダウンロードのうえご利用ください。
  • PCのご利用環境を最新の状態に保つため、定期的にWindows Updateを行ってください。
  • 基本ソフト(OS)やブラウザ等、インストールされている各種ソフトウェアは常に最新の状態に更新してください。
以上

▲過去の記事メニューにもどる | ▲上にもどる